その他

投資初心者におすすめの資産運用について ~楽しみながら、らくらく運用~

こんにちは。こーいちパパです。

先日、全く投資をやった事がない弟から資産運用についての相談を受けました。

その時は、弟とLINEのやり取りでしたが、LINEだと詳細を伝えきれなかったので今回弟に向けてブログを書こうと思います。(見てね~)

僕自身投資のプロではありませんので、いかに楽をしてお金を運用出来るかを第一に考え現在運用しています。

以前は、デイトレード運用もしていましたが、仕事をしながらの運用は結構大変で、最終的に投資資金をマイナスにしてしまった経験もあります。

やはり「素人」が、個別株で勝ち続ける事は難しいですねー。

なので最近は、下記の2つのやり方で運用しています。

1.投資信託の活用

以前、投資で失敗した経験もあり、以降プロにお任せする運用に変えました。

2014年から一般NISAが始まり、2018年からつみたてNISAが始まりました。

一般NISAは、最長5年間、年間120万円の投資に対する「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税(通常は約20%の課税)となります。

つみたてNISAは、最長20年間、年間40万円の投資に対する利益が非課税となります。

補足として、一般NISAは最長5年ですが、2024年以降は、一般NISAが見直され、新しいNISAの非課税投資枠に「ロールオーバー」することが可能となりました。

これは、一般投資家には嬉しい制度ですね。もし5年後に資産がマイナスになったとしても非課税の継続運用が出来ますので、景気が戻った時に売る事が出来ます。

現在YouTubeで色々なお金の運用動画が発信されているので詳細はそちらを見て頂きたいと思います。(僕は、「両学長」の動画を参考にしています)

現在証券会社は「楽天証券」を利用しています。

楽天証券のメリットは、

①少額投資(投資信託)が可能

②楽天銀行を合わせて口座開設する事で、楽天銀行の金利が、0.1%となる事(マネーブリッジの対応が必要)※現在の都市銀行金利:0.001%

③貯まったポイントで投資が出来る事。また毎月投資金額に対してポイントが貯まる事(楽天カードでの決済が必要)

です。
昔は、amazonを良く利用していましたが、最近は楽天での買い物が多く、携帯も楽天モバイルです。(余談ですが・・・)

まあ話を戻すと、投資信託については、様々な商品がありますが、僕が購入するポイントは下記の2点です。

①運用コストが安い事

②純資産額が高い事(運用資金が潤沢にあると、何かあった時も安心ですね)

この2点から僕は、下記の銘柄で運用をしています。

〇eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・純資産額 9,146億円
・買付手数料 0円
・管理費用 約0.1%

他にも良く動画で紹介されている投資信託を2点ご紹介します。

〇eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

・純資産額 3,931億円
・買付手数料 0円
・管理費用 約0.1%

〇eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

・純資産額が1,101億円
・買付手数料 0円
・管理費用 約0.1%

一度投資信託を購入すると、運用は全て投資のプロがやってくれるので何もやる事はありません。

ちょっと運用もやってみたいという場合は、下記の運用もご紹介します。

2.ダウの犬投資法(高配当銘柄投資)

ダウの犬投資法とは、投資リスクの低い「世界的大企業」30銘柄で構成される「ダウ・ジョーンズ工業株価平均」、通称「ダウ」から高配当銘柄を定期的に選び投資し、高いリターンを得ることを目指す投資戦略です。

NYダウを構成する30銘柄はどれも米国を代表する「超優良企業」です。ダウの犬投資法ではこの30銘柄の中から選ぶため、投資先企業の倒産リスクなどが極めて低いというメリットがあります。

また米国株は、1株から購入可能で、ダウの高額配当銘柄は、1株数千円程度なので少額のお金で購入しやすいところがメリットです。(出来るだけ株価が安くなっている時に購入して下さいね)

僕は、現在上記30銘柄から高配当の10社に投資をしています。ルールとしては、年に1度銘柄を見直します(単純ですが、配当利回りが高い銘柄と入れ替えます)。

日本株に置き換えてみると、高配当の、武田薬品、三井住友FG、KDDIなど10社を購入した場合は、100株単位ですので、300万を越える金額になる為、初心者はなかなか手が出しにくい状況です。

米国株は、配当利回りが高く、値上がり益も狙えます。これまでブラックマンデーやリーマンショック後も、すぐに新高値を取ってきており10年スパンで見ると右肩上がりのチャートになっていますので、僕は米国株をお勧めします。

下記におさらいで「ダウの犬投資法」について運用をまとめておきます。

ダウの犬投資法の進め方


1. NYダウから高配当銘柄を選ぶ

NYダウの構成銘柄(全30銘柄)を、配当利回りの高い順から上位の10銘柄をリストアップします。新年を迎える直前の12月31日時点の値を使うことが一般的です。
(Googleで検索すると上位10銘柄が出てきます)

2.資金を上位銘柄に均等に投資する

上位10銘柄それぞれに、均等に投資を行います。配当金は再投資します。

3.1年後に銘柄を見直す

1年後に再度NYダウの構成銘柄から配当利回りの高い銘柄をスクリーニングし、上位10銘柄から外れたものは売却。上位10銘柄に入ったものを新たに購入する。

「1つのバスケットにすべての卵を入れるな」という格言があります。リスクを分散させるために、なるべく分散投資した方が良いという意味です。投資可能な資金の範囲で、なるべく多くの銘柄・業種に分散投資するのが良策です。

夢の配当金生活に向けて頑張って下さい!

それではまた次回!

※もし良かったら、僕のサイトにも遊びに来てください!
・キャンプとゾンビと英語の話
https://camp-zombie-eigo.com